気になる治療薬

プロペシアの副作用とは何か

プロペシアはフィナステリドを有効成分とするAGAの治療薬であり、男性ホルモンがDHTと呼ばれる脱毛を引き起こすホルモンに変換される事を妨げます。効果の高い薬ですが、副作用もあるので注意が必要です。 プロスカーという前立腺肥大の治療薬を使用した患者に薄毛が改善する効果が見られた事から、薄毛治療用に開発された薬がプロペシアです。このプロスカーはプロペシアの5倍のフィナステリドが含まれており、勃起不全や性欲減退などの副作用が出る事があります。 そのため、プロペシアもこの副作用が出る懸念がありましたが、偽薬との比較実験により、使用方法を守っていれば副作用の心配がない事が分かっています。しかし、過剰に摂取すればプロスカーを使用しているのと同じ事になり、副作用が出る危険性が高くなります。

プロペシアには副作用もあります

プロペシアは医学的にも薄毛に効果があると正式に認められている数少ない治療薬の一つです。薄毛対策の為に利用されている方も多いようですが、利用された事が無い方からすれば副作用の心配があるものです。 プロペシアには副作用がありますが、発生し得る可能性があるのが肝機能障害をはじめ、勃起不全や精力減退などが挙げられます。 プロペシアを飲む事によって重篤な副作用が発生する可能性は低いとされていますが、しかしながら完全にノーリスクという訳ではありません。また、重篤な肝機能障害に見舞われたケースもあるようです。 このような副作用があるにも関わらず独断でプロペシアを利用される方も多いようですが、安全の為にもきちんと病院で検査を受けておいた方が安心と言えます。